【介護認知症映画】余命3ヶ月だった認知症の花嫁を撮影★映画「認知症~愛の奇跡~」監督葉七はなこ

f:id:daisukininjin:20160623202015j:plain

<娘さんにお化粧をしてもらう花嫁中澤日子さん(87歳)

映画認知症~愛の奇跡~で撮影中。デイサービスセンター雅さまの企画で、認知症で入居中の中澤さんご夫婦の結婚式がご利用者、スタッフ、中澤さんご家族も参加され行われました。

中澤日子さん(87歳)は心臓のご病気でペースメーカーを装着されていて

昨年は、入退院を繰り返しており医師からはご家族に余命3ヶ月を宣告されていたそうです。

しかし、愛の奇跡は起こりました。

ご夫婦の愛、デイサービスセンター雅スタッフの愛、しょっちゅう入居施設に来られる娘さん達の愛により今でも施設にご夫婦同じ部屋で暮らしています。

 

f:id:daisukininjin:20160623202208j:plain

<中澤昭雄さん(89歳)中澤日子さん(87歳)ケーキカット>
 中澤さんご夫婦は、約70年前に妊娠され入籍だったので結婚式もダイヤモンド婚お祝いもされてなくて、デイサービスセンター雅様で以前からお二人のお祝いを思案されていました。
ご主人昭雄さん(89歳)は涙をハンカチで拭いながら妻日子さん(87歳)と共に寄り添い、涙あり笑いありの感動の結婚式でした。

 

f:id:daisukininjin:20160623202510j:plain

<涙を拭っている夫の中澤昭雄さん>

花嫁のブーケも髪飾りも、ご利用者やスタッフ皆さんの手作りで真心こもった素敵な結婚式でした。
映画「認知症~愛の奇跡~」FBページ https://www.facebook.com/kisekieiga/?pnref=story